リラックスすることが大切|ママにも赤ちゃんにも嬉しい最新の分娩方法

ママにも赤ちゃんにも嬉しい最新の分娩方法

リラックスすることが大切

お腹

体の変化に敏感に反応する

臨月になると出産を控えて、母体は動悸や息切れを感じることが多くなるでしょう。おなかが張ることも多くなるため、無理のない生活をおくるようにしなければなりません。疲れを感じたら、すぐに横になって休むようにしましょう。胎児は臨月になると、子宮の中でどんどん成長します。そのため他の臓器を圧迫したり血流が悪くなったりします。しかし異常がないのであれば、散歩や家事を普通にしても構いません。体操をして運動不足にならないように心がけることも大切でしょう。臨月になると、体の変化に敏感に反応出来るようになっておきましょう。胎児が下がってくると頻尿や便秘にもなりやすいので注意するようにしましょう。またおりものも増加します。

食事管理を気をつける

臨月になると気をつけなければならないのは、妊娠中毒症にならないようにすることです。症状が重くなると、胎児の発達にも影響が出ます。また難産になりやすかったりします。母体に障害が残ることもあるので気をつけなければなりません。高たんぱく低カロリーの食事をとるように心がけましょう。メインデイッシュは、魚介類は肉類よりもカロリーが少ないものが多いです。しかし必要なたんぱく質は十分に摂取することが出来ます。ただしサンマなどの青背の魚は油が多いので高カロリーになります。妊婦さんは白身魚などからたんぱく質をとるのが良いでしょう。栄養価の高い豆腐などもおすすめです。食事管理をしながら、無理のない程度の運動をするようにしましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加